ハワイへ移住した日本人は保育園(プリスクール)に子供を預けられるのか?

スポンサードリンク

ハワイへ移住した日本人は保育園(プリスクール)に子供を預けられるのか?

ハワイに移住したいと思う方にはまだ小さいお子さんが居る方もいらっしゃると思いますし、ハワイで現地の方と結婚して移住ということを考えている方もいると思います。

そのような方はハワイでお子さんを保育園(プリスクール)に預けることができるのか?ハワイの保育園がどんなところなのか?が気になると思いますので今回はハワイの保育園(プリスクール)について紹介したいと思います。

ちなみにハワイでは共働きの家庭がほとんどなので、子供は小さい頃からプリスクール(保育園)に通うのが一般的です。
南国ハワイの保育園は日本とは結構違うところがあるので違いを中心にまとめてみました。

プリスクールとは?

ハワイ,保育園,幼稚園          (出典:http://www.seagullschools.com/kailua)

ハワイの保育園にあたるプリスクールは2~5歳の子供が通っていることが多いです。もちろん0歳児からOKの園もあったりと、ご家庭の事情に合わせて色々な選択肢があります。

ほとんどのプリスクールは、日本でいう年中さんの年齢まで通います。「その後はどうするの?」と思う日本のママもいますよね。
ハワイでは5歳から義務教育がスタートします。そこで、小学校の施設内にあるキンダーガーデン(幼稚園)に1年間通って小学校に通う準備をはじめるのです。

ハワイでも人気の高いプリスクールがあるのは日本と同じで、評判の良いプリスクールは、ウェイティングリストに名前を入れて待たなくてはいけません。

プリスクールの探し方

ハワイのママにとってもプリスクール選びはとっても大切です。
ハワイのマガジンやインターネットサイトで最新の情報を集めたり、ママ同士の口コミで選ぶことが多いです。

職場の近くや時間帯によって決めたり、私立、公立など料金で選ぶことがあるのは日本と同じですね。

受験を考えているご家庭の場合は、お勉強に熱心なプリスクール、のびのび育てたいご家庭は遊びの多いプリスクールと教育方針によって選ぶのも日本と同じです。

ハワイの保育園は朝が早い!

ハワイ,プリスクール      (出典:http://goodshepherdpreschool.com/philosophy/)

ハワイのプリスクールは、子供を送ってから仕事に行くパパとママが多いので朝が早いのが特徴です。

園によっても時間は違いますが、朝の6時から夕方の6時まで預かってくれる園がほとんどです。
当然?まだ熟睡している子供は、抱っこされたまま目が覚めると園にいることもあります。

朝の7~8時位までに子供たちがだんだん集まってきて8時頃に朝食タイム。ハワイの保育園は朝食サービスがあるので朝、忙しいママには大助かりです。

スポンサードリンク

自宅でしっかり食べされて連れて来たつもりが、みんなと一緒に二度目の朝食を食べてしまう園児もいます。

朝食メニューは園によっても違いますが、シリアル、ウインナー、フルーツ、ミルク、ジュースなどのアメリカ家庭料理が一般的。

おかわりも自由で好きなだけ食べられたり、小食の子はほとんど食べずに捨ててしまうこともあります。「もう少しがんばって食べようね」と日本のように保育士さんが言ったりしないのがハワイです。

朝食はその日によって食べる園児数が違ったりすることがあるので、たくさん残ってしまうこともあります。

先生はためらいもせず、残った朝食をそのままゴミ箱に捨てているのは、やはりアメリカなのかもしれません。

プリスクールの生活はどんな感じ?

お昼寝があるのはもちろん日本と同じです。

20人の生徒に先生が2人で絵本を読んだり、室内遊び、外遊び、ランチタイムが基本。お勉強タイムが多い園や外遊びが中心の園などプリスクールによっても違う子供たちの毎日です。

お迎えが遅くなるとペナルティがあるのが日本と異なる点です。
園にもよりますが1分遅くなると1ドルの罰金というシステムが多いので、通わせるときは気をつけてください。

英語が話せなくても通わせることができる?

         (出典:https://kophawaii.wordpress.com/)

いくつかのプリスクールは日本人の子供の受け入れにとても慣れています。

とくにサマーシーズンは、親子で短期留学するケースも多く上の子が学校に通うのに合わせて下の子をプリスクールに通わせる親ごさんもいます。

「子供だからまったく話せなくても何とかなる」と思いがちですが、子供の性格次第です。

日本のように新しいお友達を特別扱いをしない園もあるので、馴染むまでに時間が掛かってしまう子も中にはいます。

日本人が何人かいる園なら英語がわからなくても何とかなりますが、いない園だと自分の言いたいことを上手く伝えられず子供にとってはストレスになります。

「トイレに行きたい」「お腹が痛い」など緊急性を要することは、単語だけでもいいので英語で伝えられるようにしておくことは必要です。

日本からの短期留学が多いスクールは?

やはりワイキキやワイキキに程近いプリスクールは、通いやすいこともあって日本人の短期留学生が多いです。

ワイキキで働く日本人のご家庭が預けているケースなど、現地に住む日本人の子供がクラスに1~2人いることもあります。

カマアイナキッズ セントマークスなどはワイキキに近く、1週間くらいの短期入園も受け入れているので体験で入園してみるのにもおすすめです。

日本からの入園条件は?

日本からハワイのプリスクールに入れるのは、たとえ短期でも予防接種や検診を済ませて、用紙に記入し提出する必要があります。

入園を希望している場合は、日本と予防接種の項目が違うので気をつけてください。
その他は基本的には日本からでも問題なく入園することが可能です。

⇒ハワイ旅行 小学生の子供連れでの楽しみ方「観光、食事、ビーチの情報」

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ