日本とは全く違うハワイの小学校!移住&留学希望者必須情報!

スポンサードリンク

日本とは全く違うハワイの小学校!移住&留学希望者必須情報!

お子様がいてハワイ移住や留学を目指している方が最も気になるのがハワイの学校事情です。
その中でも小学校は最も長く通う学校なので気になる方も多いと思います。

日本の小学校では「当たり前」と思っていたことが、まったく違って戸惑うパパやママも多いハワイの学校事情。

今回は日本とハワイの小学校の違いについて紹介したいと思います。
ハワイ移住やハワイ留学をお考えの方は参考にしてみてください。

ハワイの小学校は保護者が送迎

ハワイ,小学校          (出典:http://www.pearlcity-es.org/)

日本では小学校に上がると子供だけで学校に通いますよね。けれどハワイはアメリカ、小学生は送迎しないといけないので「近所だから兄弟だけで大丈夫」という訳にはいきません。

共働きが一般的なので兄弟が数人いると保育園、小学校と順番に送ってから仕事に行く家庭もあるので大変です。

日本から移住したり留学したりの場合でも当然送迎は必須になるので送迎可能な小学校に通わせるのが最低条件になります。

ハワイの小学校システム

           (出典:https://goo.gl/XHZ76E)

小学校は公立と私立があるのは日本と同じですが、全国どこの小学校でも6年制の日本とハワイは違います。

5年制と6年制の学校があって、私立は小学校入学も何月に生まれたかで入れるかどうかが学校によって違うので注意が必要です。

さらに子供を何歳で小学校に入れるかは親に任せられています。家庭内の言葉が英語以外の国の子供が多いハワイ。

学校に併設されているキンダーガーデン(幼稚園)の先生のアドバイスで小学校を一年遅らせて入れたりすることもあります。

もちろん、アメリカ人の子供の中でも同じ学年を二回することが小学生でも珍しくないのです。

日本人は「それって留年よね」「かわいそう」と思いがちですが「わからないのに上に上がるよりも自信を持って進ませる」とポディティブな発想をするのはアメリカ人です。

ハワイの小学校の学費

公立校の学費は無料ですが、私立校は年間1万ドル以上の学校がほとんどです。

その中でも学力やスポーツ、芸術面で優秀な児童の多い有名校は2万ドル以上とさらに高額ですが人気があります。

学費については日本とほとんど同じイメージだと思います。

スポンサードリンク

ハワイの小学校の授業内容

日本では公立校の場合は、全国的に授業内容に大きな差はありませんよね。けれどハワイは学校によって大きく違います。

公立の中でも、第二外国語の授業がある学校とない学校などがあり、私立は学校次第。バラエティーに富んだカリキュラムは、教育熱心なパパとママがどこの学校に入れるか悩むほどです。

他にも授業にフラダンスやハワイ語がある学校が多いのは、ハワイの特徴かもしれません。

公立校で人気のある学校は入るのが大変

公立校でも高級住宅街にある学校は寄付が集まりやすく、環境や設備が良いと評判です。

そんな公立校はどこに入れるかは学区によって基本的には決まりますが、越境制度で人気校に通う生徒も少なくありません。

越境制度で選んだ学校に入れないときには、学区内に引越しをする家庭もあるほどです。

ハワイの小学校は朝食も食べられる

ハワイ,給食,小学校

ハワイの学校では朝食を親子で食べることができます。
有料でメニューは少ないですが、朝、あわただしく子供を送るよりも、少し早めに行って会話をしながら一緒に朝食をとれるのは助かりますよね。

お昼の給食は選択性。学校のランチを食べても、自宅からお弁当を持って来ても構わないのです。
メニューは学校によっても違い、中にはオーガニックが提供される羨ましい学校もあります。

ハワイでは先生は一緒に食べるわけではないので、苦手なメニューはほとんど手をつけず捨てる生徒が多いのもハワイの給食の特徴です。

全員がカフェテリアで食べるので並んで順番を待ちます。少しでもゆっくり食べれるようにと、お弁当を作る低学年の家庭も少なくありません。

公立はランチ代を支払うシステムですが、家庭の経済状況によっては給食が無料になります。

子供に合わなければ転向も

日本では引越しや転勤がないと、あまり小学校を転校させませんよね。

ハワイでは学校によってシステムや環境、学力などに違いがあるので、子供に合わないと思うと学校を変える家庭も多いです。

子供と常に向かい合い、適正や能力を伸ばすことだけを考えて行動するのは見習いたいですよね。

日本とハワイの小学校はそれぞれに良さがあります。
その中で子供が「今日も楽しかった」と笑顔で話してくれるのが一番大切だと思います。

個人的には勉強はそこまで気にしないので、子供が楽しく通える小学校であればどこでもよいと思います。

⇒ハワイへ移住した日本人は保育園(プリスクール)に子供を預けられるのか?

⇒ハワイ旅行 小学生の子供連れでの楽しみ方「観光、食事、ビーチの情報」

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

2 Responses to “日本とは全く違うハワイの小学校!移住&留学希望者必須情報!”

  1. きょろ より:

    こんにちは
    日本の小学校とはちがいますね。
    日本では小学校にはいったらいきなり
    どんなに遠かろうが一人で登校なので
    帰ってきたら疲れて寝ていました
    歩いて学校にいくのがあたりまえになっているので
    送迎するとなにかいわれるんでは?と思ってしまいます
    留年が普通にあるんですね
    能力によって選べるのはとてもよいことだと思います

  2. Takahashi Ken より:

    きょろさま

    コメントありがとうございます。
    小学校ひとつとっても文化が全然違うんですよね。
    移住するというのはそういった文化にも慣れないといけないので意外と大変なんだろうなぁとは思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ