ハワイ移住に必要な生活費用と知っておくべき海外での老後の備え

スポンサードリンク

ハワイに移住するために必要な生活費用は?最低限の条件はこれくらい

ハワイの移住を本気で実現するためには生活するための費用を準備する必要があります。
ハワイの物価は高いと言われているのこの点が気になる方も多いのではないでしょうか?

ハワイで生活していくためにどれくらいの費用が必要かについて紹介したいと思います。

ハワイの家賃はどれくらい?

まずはハワイに住むためには絶対に必要になる居住費についてです。

ハワイ,アパート,移住          (出展:http://www.islandaloha.jp/)

大きく分けて二つのパターンがあります。一つは購入するパターン、もう一つは借りるパターンです。
私は個人的には借りるパターンをおすすめします。

私自身が移住できるようになったとしても基本的には賃貸で住む予定です。

理由は簡単で、買った場合の方が費用がかなり掛かるからです。家主になると維持費だけでもかなり掛かります。(相当のお金持ちか毎月コンスタントに大金を稼げる方は買っても問題ないかもしれませんが)

あとは、万が一移住が失敗に終わって、日本に帰ろうとなった時も賃貸の方が契約を解除して帰るだけで済むのでいろいろなリスクの面で見ても賃貸の方がいいと思っています。

賃貸で借りる場合の家賃の相場は以下のような感じになります。
安いとことでステュディオタイプであれば850ドル/月くらいから見つけることが可能です。

ある程度ワイキキ中心に近いところになると最低でも1200ドル/月くらいはしてしまうので日本円で考えると12~14万円/月は掛かると思ってください。

これが1BDRなどになるとさらにお値段は上がってきます。

ただハワイのコンドミニアムは通信費や光熱費は家賃に込みとなるのでものすごく高いという感じではないのかもしれません。

ハワイの食事の費用はどれくらい?

ハワイの食費についてですが、まず普通に外食をしてレストランなどで食事をする場合は、チップもあるので安くても20-30ドル/人は掛かってしまいます。

ランチプレートを買ってくれば10ドルくらいで1食済ませることは可能です。

⇒ハワイで10ドル以下でできることはこちら

ただし、1日3食を外食やランチプレートで全て賄おうとすると、かなりの食費になってしまいます。
当然移住となったら自炊をすることが多くなります。

ハワイのスーパーで買い物をするとだいたい以下のような値段になります。(一例として紹介)

『日本食のスーパー』
卵6個入り:3.5ドル
おーいお茶500ml:2.5ドル
豚ひき肉(2人分):3.7ドル

他にもいろいろありますが、日本食のスーパーではやはり日本で買うよりは高くなるものがほとんです。

『ローカルのスーパー』
ステーキ用牛肉(約3人分):17ドル
キャベツ1玉:4ドル
いちご350g:10ドル

日本より高いものや安いものいろいろありますが、簡単に区分けすると以下のようになります。
ハワイ(アメリカ)で調達できるものは日本より安いです。逆に輸入しないと調達できないものは日本よりかなり高いです。

アメリカ産の肉やハワイで収穫できる果物や野菜はかなり安いです。
その他ハワイの地ビールなどもかなり安くなっています。

野菜や果物はファーマーズマーケットなどで調達すれば安く済ませることが可能なのでレシピを工夫をすることで日本と同等の食費にすることは可能だと思います。

ハワイの医療費事情

ここまで住まいと食事の費用について記載してきましたが、移住した際に気を付けないといけない費用が医療費についてです。

ハワイ移住で最も問題になるのがこの医療費です。
ハワイの医療費は日本では考えられないくらい高額になります。

たとえば、盲腸の手術を2泊3日で受けると200万円、脳梗塞で集中治療室に入り1ヶ月入院となると数千万円ととにかくありえない金額になってしまいます。

このように医療費がかなり高額になるので、ハワイに移住する際は絶対に保険には加入しないといけないです。

ただし、アメリカの保険制度がいろいろ複雑でかなりわかりづらいです。
私が知ってる情報を記載はしますが、実際には詳しい専門家に問い合わせてみるのが確実だと思います。

まず、居住者用の保険には、PPO(Preferred Provider Organization)とHMO(Health Maintenance Organization)の2種類があります。

PPOはどんな専門分野のドクターでも自分で好きな医者を選べます。
HMOは必ず主治医を指定して、その主治医を通してしか他の医者にはいけない保険です。

HMOの方が選択肢は少ないけど保険料は安い、PPOは選択肢は多いけど保険料が高いです。

HMOでもそこそこの保険料が掛かるので移住する際の費用としてはかなり大きな出費になるのは間違いありません。

裏ワザ的には、日本人として海外旅行保険を活用することです。特におすすめはクレジットカードに付帯されている海外旅行保険をうまく活用することです。
クレジットカードの付帯保険の不足部分だけ補うというのがおすすめです。

ただし厳密には、旅行者の保険なので本当に使えるかはしっかり確認しておくことが重要です。

ハワイでの移動費はいくらくらいか?

ハワイで移動をする際に活用するのはThe Busです。

スポンサードリンク

ハワイ,移動費,バス

車を買って車で移動するというのも便利ではありますが、購入となるとかなりの費用が必要になりますし、保険代やガソリン代とランニングコストもかなり掛かってしまいます。

よって、日本からの移住者におすすめなのはThe Busでの移動です。基本的にはオアフ島内はThe Busでどこでも行けるのThe Busを乗りこなせるようになればハワイでの移動は問題は全くないと思います。

The Busの運賃は、普段は一回乗る事に2.5ドルですが、日本で言うところの定期を買った方がお得になります。

1ヶ月:大人60ドル、子供(6歳~17歳)30ドル
1年:大人660ドル、子供(6歳~17歳)330ドル

この月間パス、年間パスを活用すれば移動で困ることはほとんどないと思います。

⇒ハワイでの節約移動手段 The Busの活用方法の記事はこちら

その他移動費として見込んでおかないといけないのが、日本への飛行機代です。
1年に一回安い時期に帰国するとして、一人10万円は見込んでおく必要があると思います。

ハワイで生活するための生活費のまとめ

ここまで各費用について記載してみましたが、ハワイに移住すると1ヶ月どれくらいの費用が掛かるかをまとめておきたいと思います。

いろいろなパターンでの移住が考えられますが、ここでは大人二人で移住した場合の費用として記載します。

居住費:1,200ドル(ワイキキのステュディオタイプ)

食費:1,000ドル(基本は自炊で週に1,2回外食)

保険:200ドル(クレジットカードの付帯保険をベースに不足分を加入)

移動費:300ドル(The Busの月間パス×2人分に日本帰国分積立)

通信費:200ドル(インターネット代+携帯2台)

交際費:500ドル(どれくらい遊びにお金を掛けるか次第ですが一応これくらい見込んでおきます)

合計:3,400ドル

夫婦二人で普通に生活をしようと思うと3,400ドルくらいは最低でも掛かってしまうと思います。
これ以上の金額を毎月稼げるか、この費用を何年間も使っても十分な蓄えがあるかすれば移住が実現できると思います。

⇒ハワイ移住を実現する為に必要な生活費用の稼ぎ方を大公開!の記事はこちら

ハワイで生活するための最低限の条件は?

ハワイで生活するための標準的な生活費についてここまで書いてきましたが、最低限いくらくらいあれば移住が実現できるかについても簡単に触れておきたいと思います。(大人一人で移住の場合)

ちょっと贅沢に過ごしたいということであれば4,000ドル以上は軽く掛かってしまいますが、いろいろ節約して質素でもハワイに住みたいというのであれば2,000ドルでなんとか生活することが可能だと思います。

家賃はワイキキから離れれば700ドル/月で可能ですし、ルームシェアなどを活用すればもっと安くすることも可能です。

食費も自炊を中心にすることで一ヶ月600ドル以下でなんとかあると思います。

残りの700ドルを通信費や移動費や交際費にあてていけばなんとか2,000ドルで生活することは可能です。
(ただしこの場合は保険はクレジットカードの海外旅行保険を使うことが前提です)

最低2,000ドルですが、せっかくのハワイ移住でギリギリで生活すればOKとするかは考えどころではあると思います。

人それぞれどんなハワイ移住を実現したいかは異なると思うのでこの辺りのデータを参考に移住までの計画を立ててみてください。

海外移住の際の注意点(年金について)

海外移住の際に注意しないといけないのが年金についてです。
60歳未満の方は年金を支払う側として、60歳(65歳)以上の方は年金を受け取る側として注意点があります。

詳細はまた別の記事で記載しますが、以下の点については注意をしてください。

『支払い側』
まず、国民年金には「国内居住要件」というものがあるため、海外に移住した場合は「加入対象外」ということになり支払う義務はなくなります。

ただし、国民年金を払わないことで将来もらえる年金が減ったり、受給条件の期間が満たせなくなったりするのが不安という方もいると思います。

そういう方のために、国は「任意加入」という制度を設けています。海外移住する方は、国民年金を払っても良いし、払わなくても良いということになっています。

払わないと選択した場合は滞納となるわけではないので、「合算対象期間(カラ期間)」と言い、年金を受け取るのに必要な期間に加算することは可能です。年金額自体は払った分に応じた金額になるので、払ってなければ金額は増えないということになります。

『受け取り側』
年金の受け取りはどこの国に住んでいるかは関係ありません。たとえ途中で国籍が変わっても年金を受け取る権利は残ります。

ちょっとだけめんどくさいのが日本に住んでいる場合より少し多めに書類を作成しないといけなくなります。
ただ言い換えるると、この書類さえ作ってしまえば、居住地は関係なく年金は受け取れるので特に心配する点はないということになります。

ちなみに振込み先は海外の金融機関を指定することも可能です。

⇒ハワイに移住するためにはどのビザをとればいいか?の記事はこちら

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ