ハワイで歩きスマホが罰金!ハワイ法律/やってはいけないこと

スポンサードリンク

ハワイで歩きスマホが罰金!ハワイ法律/やってはいけないこと

yahooニュースでも出ていたのでほとんどの方がご存知だと思いますが、ハワイのホノルルは歩きスマホをすると罰金となる法案を可決しました。

もう少し詳しく説明すると、道路横断中の「歩きスマホ」を違法とするという法案です。
違反した場合、違反した回数に応じて15ドル〜99ドル(約1700円〜1万1000円)の罰金を支払うことになります。
911など緊急ダイヤルなどを利用している場合は当然ですが違反にはなりません。

まだ施行はされていなく、現在の予定では2017年10月から施行となるようです。
確かに道路横断中の歩きスマホはかなり危険なのでこの法律には個人的には賛成です。

以下日本とはちょっと異なるハワイの法律/ハワイではやってはいけないことを紹介したいと思います。

ハワイでの喫煙

ハワイでは喫煙についての法律も日本よりは厳しいです。
禁煙エリアでタバコを吸うと罰金となるので喫煙者の皆さんは注意してください。
現在の禁煙エリアは以下のような場所になります。

ホテル
ほとんどのホテルが全館禁煙になっています。

ロビーやプールはもちろんですが、客室やベランダでも禁煙となります。禁煙になっているエリアで喫煙したことが発覚したらホテル側から罰金の請求があるのでご注意ください。

喫煙者の方は、「喫煙ルーム」のあるホテルを選ぶようにしてください。
(私が利用しているワイキキサンドビラには喫煙ルームがあります)

レストラン
レストランはもちろんカフェやバーやクラブも全て禁煙になります。
お酒を飲めるところでもすべて禁煙なのでご注意ください。

公共の施設
ビーチ、プール、公園、空港など全ての公共施設が原則禁煙です。
ほとんどタバコを吸える場所はないと思っていた方がよいと思います。

他にもほとんどの場所が禁煙になります。
逆にいうと喫煙可能なエリアがどこかというと灰皿があるエリアになります。
灰皿がある場所のみが喫煙可能と思っていただけるとOKだと思います。
   (出典:http://www.hawaii-arukikata.com/blog/20161013-1.html)

禁煙エリアでタバコを吸ってしまった場合に罰金は$100です。(最大で$500にもなるそうです。)

当然ですが、観光客でも容赦なく罰金が課せられます。日本では喫煙すると罰金となっているエリアでも本当に罰金になることはまだまだ少ないのですがハワイでは本当に罰金になるので注意してください。

ハワイでの飲酒

ハワイでは飲酒についても日本とは結構異なります。

スポンサードリンク

まず飲酒可能な年齢です。日本では20歳から飲酒可能ですがハワイでは21歳からになります。
1歳くらいだから問題ないと思うかもしれませんが、ハワイでは飲酒をしたりアルコールを買ったりする際には身分証明書の提示を求められます。
写真付きの身分証明書がないとお酒を買うことも飲むこともできません。

20歳だし少しくらい問題ないだろうと思って21歳未満の方が飲んで使ってしまうと強制帰国になることもあるようなのでルールは守るようにしてください。

また飲酒運転も非常に厳しく、禁固刑になることが多いです。日本でも同じですが運転をする場合は絶対にお酒を飲まないようにしてください。

お酒が飲める場所についても注意が必要です。
日本ではビーチでは海の家などもありお酒を飲むことが可能ですが、ハワイではビーチを含め公共の場所では全て飲酒は禁止になります。
ビーチ、公園、路上などでは飲むことができないので注意してください。

Jウォークは禁止

横断歩道ではない場所で道を横切ってわたることをJウォークといいます。
このJウォークを行うこともハワイでは禁止で$130の罰金になるので気を付けてください。

もちろん横断歩道でも信号無視することもこのJウォークと同じ扱いになるので信号無視もしないようにしてください。

自転車は歩道を走ることは禁止です

ハワイでレンタルサイクルをする方も多いと思います。
ハワイ,盗難,犯罪

日本でも最近自転車で歩道を走ることが禁止になりましたが、ハワイはかなり前から禁止です。

基本的には自転車は自動車と同じルールということになっています。
自転車の絵が描いた看板があることもあるのでその看板に従うようにしましょう。
ちなみに自転車歩道を走った場合の罰金は$55になります。

子供を一人きりになせてはいけない

ほんの数分でも12歳以下の子供を一人で待たせるということはハワイでは禁止です。
買い物やプールではもちろんホテルの客室でも12歳以下の子供を一人でさせて通報されると逮捕されてしまうので注意してください。

生き物に関する意外な法律

ハワイの生き物も関する意外な法律です。

ウミガメに触ることは禁止です。
見学する際も1.8m以上離れて見学して写真撮影も30分以内と決められています。

鳥に餌をあげることも禁止です。
鳥に餌をあげた場合は最低でも罰金$500で最悪禁固刑になるので注意してください。

以上のようにハワイでは日本とはちょっと異なる法律がいくつかあります。
知っていれば守ることができる簡単なものばかりですのでしっかりこの法律を把握してルールを守って楽しいハワイ旅行になるようにしてください。

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ