ハワイをもっと楽しむために英語の勉強をしよう!『e英会話』

スポンサードリンク

ハワイをもっと楽しむために英語の勉強をしよう!『e英会話』

ハワイに毎年行っているのですが、大体ワイキキエリアにいるので今までは私の片言の英語でどうにかなっていました。

このサイトを通じて、いろいろな方とコミュニケーションをとらせていただくとワイキキ以外にも楽しいエリアはたくさんあるというお話を伺うことも多く、他島も含めて今後は自分でいろいろと行ってみたいと今まで以上に思うようになりました。

そうなるともう少し英語が話せるようになっておいた方が間違いなくよいので、以前から知人にご紹介いただいているSkype(スカイプ)を使って行う英会話(まずはお試しキャンペーン)に申し込んでみようと思っています。

将来ロングステイや移住をするとなった際も英語話せた方が間違いなくいいので、時間を見つけて勉強は少しずつしていこうと思います。



知人(職場の同僚)が海外で仕事をしたいという夢を叶えるために実際に使っているオンラインでの英会話教室でお子さんと一緒に受講しているようなのですが、とてもよいということで私もオンライン英会話の「e英会話」という英会話教室を利用してみようと思っています。
(ちなみ職場の同僚はアメリカ駐在を将来することになりそうで必死に勉強中ですが、お子さんの方が覚えが早いようです^^)

e英会話の7つの特徴

e英会話を紹介していただいて私も申し込む前にいろいろ調べてみたのでその特徴を簡単に紹介します。

①先生の質が違う
・実質2.4%の厳しい選考フローで採用をかなり真剣に行っている
(英語が話せれば誰でもOKというわけではないということです)

e英会話では下記の採用フローで厳しい選考を行って、先生の質の向上を目指しています。

『一次選考(書類選考)』
学歴・経験・職務経験などを細かくチェックします。また、教員免許を持っていない方、あるいは米系のコールセンターでの職務経験がない方は次の選考に進めません。

『二次選考(英語力検査)』
まずは、応募者に筆記テストを受けてもらい基本的な英語力を測ります。加えて、スピーキングテストを行うことで発音や英会話力までしっかりとチェックします。

『三次選考(現地マネージャー面接)』
志望動機の確認及びデモレッスンが行われます。熱意が感じられない応募者はここで落とされてしまいます。また、デモレッスンでは、教え方のスキルを見るだけではなく、知識や教養があり、幅広い話を展開できるか、生徒が興味が湧くような話ができるかなど、人間力までチェックします。

『最終選考(日本人マネージャー面接)』
面接及び実際にオンラインレッスンを行います。日本人の視点から、英語力、性格、熱意、授業の進め方など先生として必要なあらゆる能力を総合して、「応募者が、先生だったら授業を受けたいと思えるか」という点に重きを置いて選考します。

・指導開始が認められるまでの徹底した研修システム
さらに採用が決定した後は、2週間の集中トレーニングが行われ、ルールや規範、各種マニュアルの習得をし、常に生徒が安心して質の高い授業を受けられるようにしているようです。

②継続的な先生の質の向上

・毎日4時間のトレーニングなど先生の質をさらに向上させる施策
以下のような取り組みにより、継続的な先生の質の向上を図っているようです。
1.毎日4時間、デモレッスン、ディスカッション、日本文化学習など、トレーニング担当者によって作られた数多くのカリキュラムをこなす。

2.実際のレッスンの模様を録画し、日本人マネージャーがそれを見て先生にフィードバックを行う。

3.生徒からのコメントなどは全ての先生で共有し、全ての先生が生徒のコメントに目を通すことで生徒がなにを望んでおられるのかを理解でき、生徒様の立場に立った指導を可能にしている。

4.定期的にテストを行い、講師の維持向上を図る。

5.全先生でのミーティングを実施し優れた先生は全先生の前で表彰され、先生の質的向上への意欲を盛り立て、先生同士が切磋琢磨する環境を作る。

③いつでも受講可能

・早朝~深夜までいつでも予約可能!さらに30日先まで予約できる!
他のオンライン英会話の多くは、
「講師の数が少なく、人気の時間帯は予約ができない」
「予約できるコマ数が1コマないし2コマと限られているためいつも先生が変わってしまう」
といった感じのようです。

しかし、e英会話では予約状況管理システムと日本人現地スタッフによる先生の徹底した管理により、 早朝6時~深夜1時10分までどの時間帯でも予約可能な状態を整えられており、生徒の都合に合わせて、 好きな時間にご予約することが可能です。

スポンサードリンク

また、一日のレッスン可能数の範囲内で、30日先まで予約ができるため、毎回先生が変わってしまって、 カリキュラムがスムーズに進まないといったことはなく、お気に入りの先生で 計画的に受講することができます。

④質の高いカリキュラム

e英会話では、全15コースの全てに学習目標を設定し、体系的に学習を進めることのできるカリキュラムが用意されています。
また、30分の授業内でどのように学習を進めたら、一番効率よく学べるかを徹底的に考え抜いたオリジナルテキストが作成されています。
e英会話のカリキュラムは、目標をしっかりと持って、いま自分がどのレベルにいるのか確認しながら無理なく進めていくことのできる戦略的なカリキュラムとなっています。

日常英会話、ビジネス向け、子供も向け、TOEIC対策など全15のコースがあります。
(私は初級の日常英会話から始めようと思っています)

⑤高品質回線など最高の環境を提供

レッスンはインターネット回線を通したテレビ電話で行われるため、回線品質や音質はレッスンの質の向上に重要な要素になるのでその部分もe英会話は力を入れているようです。

1.光回線を含めた3本の回線を引き、安定した通信を実現しています。

2.専任のエンジニアが待機し、停電やネット回線不良が起きたときに一刻も早く、レッスンを再開できるよう万全の体制が構築されています。

3.全ての先生に「無停電電源装置」を配置しています。
日本ほど電力供給が安定していないフィリピンなどではしばしば停電が起こることがあるようです。「無停電電源装置」によってレッスン中の不慮の停電などにも対処できるようにしてます。

また、e英会話では、先生ごとに専用ブースを用意しているようで、室内は防音に配慮した設計となっており、生徒が授業に集中していただける環境を整えています。

⑥バーチャル教室で臨場感あふれるレッスン

・独自開発のeroom(バーチャル教室)で臨場感あふれるレッスン
通常のオンライン英会話では、スカイプで先生の映像を開き、映像の中で先生が紙媒体のテキストを見せたり、WEBブラウザを開いて別画面でテキストを見ることがほとんどのようです。

e英会話では、より臨場感溢れるレッスンを行うために、独自に「eroom」というシステムを開発しています。
「eroom」とは、テキストやMP3、先生と生徒のカメラ映像などをひとつのスクリーン上でお互いに共有しながらレッスンをすることを可能にしたシステムです。
先生がポインタを利用して分かりやすく説明するなど、 まるで先生と生徒が向かい合ってレッスンを行っているような学習環境を作り出しています。

⑦日本人カウンセラーによる手厚いサポート

インターネット上でシステムや学習を申し込むと問い合わせがメールのみで電話で即確認ができずイライラすることがよくあります。

e英会話では先生の特徴やカリキュラムについて熟知した経験豊富な専任カウンセラーが、生徒の要望に応じて 「勉強の進め方」「学習計画」「生徒にあった先生のご紹介」など適宜アドバイスや質問への回答をしてくれます。
また、日本人スタッフが平日7:00から23:00まで電話対応を行っているので問い合わせはすぐにできる環境です。

2017年オリコン日本顧客満足度 英会話教室/英会話スクール部門ランキング5位

e英会話は、「2017年オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話教室/英会話スクール部門」で総合ランキング5位というように既にオンライン英会話市場では一定の評価を得ています。

★オリコン日本顧客満足度ランキング公式サイト
http://juken.oricon.co.jp/ rank-online-english/

上位4社は皆さんも名前は聞いたことがある有名どころでお値段もそこそこです。
今回紹介したe英会話はお値段はそこまで高くはなく今なら3回のレッスンを通常3600円のところを980円で体験できるというキャンペーンを実施しています。

英会話のレッスンには合う合わないはあると思うのでまずは私もこの3回お試しから申し込んでみようと思っています。(よければ正式に申し込んで合わなそうならやめるつもりです。)

以下から980円のキャンペーン申し込みが可能なので興味がある方は覗いてみてください!


ハワイでバリバリ英語を使って自由にいろいろな場所にいけるようになるために頑張ってみようと思います!!!

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ