ハワイの時差は何時間?子供の時差ボケ対策と注意点!

スポンサードリンク

ハワイの時差は何時間?子供の時差ボケ対策と注意点!

ハワイとよく比較されるのがグアムやサイパンです。

私はグアムとサイパンも2度ずつ行ったことがあり、その経験からハワイの方が絶対にいいと思っているのですが、唯一この2箇所と比較してハワイで大変なのは時差です。

ハワイと日本時差がどれくらいあるかハワイ好きの方なら知っている方も多いと思いますが、実際に時差はどれくらい?と聞かれると「ん???」となってしまう方も多いと思います。

ハワイ,時差,子供

まずはハワイと日本の時差の答えをお伝えします。

ハワイと日本の時差は19時間です!

ハワイの方が19時間前の時間ということになります。
例えば日本時間で20時だとすると、ハワイは午前1時ということになります。

もっとわかりやすくすると5時間ずれてると考えた方がいいかもしれません。

日本から考えて、ハワイは今何時だろうという時は5時間足してあげればハワイ時間になります。
逆にハワイから考えて、日本は今何時だろうという時は5時間引いてあげれば日本時間になります。

簡単に対比表を書いておくので参考にしてみてください。

ハワイ:0時 東京:19時
ハワイ:6時 東京:1時
ハワイ:12時 東京:7時
ハワイ:18時 東京:13時

あともう一点よく質問されるのは、ハワイにはサマータイムってあるの?という点ですが、ハワイにはサマータイムはありません。

ワシントンD.Cに出張で1ヶ月いたことがありますが、アメリカ本土ではサマータイムがあるのでその時期にアメリカにいると意外と混乱します。(実際仕事にサマータイムの影響で遅刻している人が結構いました。)

ハワイはサマータイムはないのでその点では混乱がないので安心です。

ハワイの時差ボケが辛いのはこの時間

ハワイと日本の時差は19時間(5時間差)でたいしたことないかなぁという感覚の方もいるかもしれませんが、時差ボケが辛い時間もあります。

ハワイ旅行で時差ボケが辛いのは到着した時です。

日本⇒ハワイ便の飛行機は大体が日本の夜出発ハワイの朝到着になります。
チャイナエアラインを例に記載すると、日本時間の20時過ぎに出発します、到着はハワイ時間の8時30分くらいです。

これを日本時間だけで考えてみると、20時出発の3時30分到着です。

フライトしてから夜ご飯が終わるまでに1時間半くらいは掛かるので飛行機ですんなり寝れたとしても22時前くらいです。

そこから5時間もしないうちに軽い朝食が運ばれてきてしまって、起きないといけません。
しかも到着してからは、入国審査に並んで、荷物も待ってと意外と時間が掛かります。

さらにさらに、ツアーだとそのままバスに乗せられていきなりDFSなどに買い物へ連れて行かれます。

私が紹介している個人手配で予約した場合はすぐにタクシーや送迎車でホテルに行けるのですが、その場合もホテルによっては、到着してもチェックインができない場合があります。(アーリーチェックインを受け付けてるホテル以外はほとんど無理です)

ここまでの過程がとにかく眠いんです。
大人でも辛いので子供はさらに辛いと思います。ここまではいい方法がなくとにかく耐えるしかありません。

問題はホテルにチェックインしてからです。ハワイ時間の15時(早いところは12時)にチェックインができます。

日本時間ではまだ10時(早いところでは7時)です。
この辛い時間を耐えたあとホテルでどうするかが時差ボケとの戦いのポイントになります。

私がハワイ旅行で行っている時差ボケ対策

ハワイ旅行で時差ボケが辛いのはハワイ到着後で時差ボケ対策はホテルチェックイン後どうするかがポイントという話をここまでしてきました。

では実際に私がハワイ旅行で時差に対してどう対応しているかについて紹介したいと思います。

ハワイ,時差,対策,寝る

スポンサードリンク

結論から言うと、子供が寝たいのであればチャックイン後即寝ます。
2歳から行っていて、幼稚園までは子供は寝たいというので即寝ていました。

時差ボケと戦わなかったということになります。

ここで寝てしまうと夜が全然寝れなくなってしまい、ハワイ時間の2時、3時(日本時間の21時、22時)まで起きていてまた次の日もはやく起きられないというのを繰り返すのですが、子供に無理をさせてもしょうがないのでそれはそれでOKとしました。

我が家の考え方は子供に無理をさせてアクティブに行動することはないという考えなのでこんな行動になっています。

夜も早く寝かさないとと思うとだんだん辛くなるので眠くなったら寝ればいいよくらいに考えていると楽だと思います。

小学生になってからはどうかと言うと、息子がチェックインすると即「プールに行こう」と言うので眠い目をこすってそのままプールで思い切り遊んでしまいます。

寝不足もあり、遊んで疲れるのもあるので、到着日は100%ランチプレートを買ってきて軽く夜ご飯を食べて、早めに寝るようにしています。(ハワイ時間の21時には寝ちゃってます)

ここで頑張れると、初日で簡単に時差ボケを克服してしまう感じです。
これが理想的な時差ボケ対策だと思います。無理しているわけではなく自然と克服できちゃう感じです。

初日にも遊べる体力がある場合は、初日にも遊んでその日早めに寝るのが最適です。

ハワイの時差で注意する点

このサイトでは航空券とホテルを別々に予約することをおすすめしていますが、時差で日付が変わるので注意が必要になります。

⇒ハワイ / ワイキキのホテル(コンドミニアム)を安く予約する方法

⇒ハワイの往復航空券を格安で予約出来る航空会社と最安値の時

例えば8月1日~8月9日までの7泊9日でハワイ旅行を計画しているとします。
その場合は以下のようになります。

8月1日の夜日本発(日本時間)⇒8月1日の朝ハワイ着(ハワイ時間)
※19時間の時差があるので夜にフライトしたはずがその日の朝に時間が戻ることになります。

8月1日チェックイン(ハワイ時間)⇒8月8日チェックアウト(ハワイ時間)
※8月9日までの旅行ですが、ホテルは8月8日まででOKです。

8月8日の昼ハワイ発(ハワイ時間)⇒8月9日の夕方日本着(日本時間)
※19時間時間が進むので飛行機で丸1日時間が経過します。

このようにホテルや航空券を予約する際は、時差のことも考慮して予約する必要があります。
ツアーだといつ日本を出発していつ日本に到着するかだけ決めればあとは全部やってくれますが、個人手配では一つ一つ日程を決める必要が出てきます。

全然難しくないですし、こういうことを自分でやる分安く予約できると思えばたいしたことはないです。

帰りは時差ボケはどうなのか?

最後に一応帰りの時差ボケについても触れておきます。

帰りは飛行機の時間は様々なのですが、注意するのは帰国便の出発が遅めの場合です。

私はホノルル発:13:45、東京着:16:55で帰国します。
ハワイ時間で言うと、13:45発、21:55着ということになります。

注意するのは、空港から車で帰る方です。このあと入国審査をして荷物をとって、車で行ってとやっていると1時間くらい時間がかかります。

その後運転となると、ハワイ時間でいうと23時過ぎから運転していることになり、かなり眠いんです。
家族は後ろで毎回爆睡です^^;

距離がある場合はしっかり休憩を取りながら運転することをおすすめします。

ちなみに翌日からは、朝は自然と早い時間に目が覚めます。
翌日から仕事という場合でも比較的に楽に起きられるのでこの時差ボケは辛くはないです。夜は19:00くらいから眠くなってしまいますが・・・

ハワイ旅行の時差ボケ対策のまとめ

ハワイ旅行を計画している方で時差ボケを心配している方も結構いるでしょう。
特に小さい子供がいる方などは実際どうなんだろう?と思うと思います。

ここまで私が書いたように小さい子供は無理に時差ボケ対策しないでOKです。

当たりの対策としては、「飛行機でなるべく寝る」「食事をしっかり取る」「太陽の光をしっかり浴びる」などどこでも言われていることはできる限り頑張ってみてください。

それくらいの対策で十分ハワイ旅行は楽しめます!

子供やお年寄りがいても無理をせずハワイを楽しんで、老若男女がハワイが好きになるようにしたいですね。

その他子供と過ごすハワイ旅行については、以下の記事にまとめを記載しているのでこちらも是非参照してください。

⇒ハワイ旅行 小学生の子供連れでの楽しみ方「観光、食事、ビーチの情報」

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ