スポンサードリンク

2018年夏休みの東京-ホノルル便の航空券を購入しました!

2018年の夏休みのハワイ旅行の航空券を予約しました。
がしかし、満足はしていません。半分妥協で2018年はしょうがないという感じで予約をしました。
金額は昨年より1人3万円高くなってしまいました。
このブログで実態をしっかりお伝えしていきたいので今回の金額と予約方法もお知らせしておこうと思います。

まずこのサイトで今まで推奨してきた東京-ホノルル便の航空券の予約方法についてを簡単に触れておきます。
⇒ハワイの往復航空券を格安で予約出来る航空会社と最安値の時期

航空会社はチャイナエアラインでフライトの361日前に予約をすることで一人6万円ちょっとの航空券を予約することができていました。

しかしなんと2017年10月末から東京-ホノルル便のチャイナエアラインが運休になってしまったのです!!!
これは本当に本当に痛いです・・・・

ただお正月の期間は季節便が運航されるということで夏も季節便が運航するかもしれないと思い、通算5回はチャイナエアラインに電話して確認をしているのですが、今のところ全く予定はないということなので、今年はチャイナエアラインをあきらめることにしました。

スポンサードリンク

2018年ハワイ便航空券 結局いくらで予約をしたか?

もっと待ってみるという選択肢もあったのですが、チャイナエアラインがなくなったことで他の航空会社も競争が少なくなり、安い航空券が今までよりで少なくなる可能性もあると思い、値段はそこまで安くないですが予約をしてしまいました。

2018年夏休み(お盆を挟む)、大人二人、子供一人で以下の値段で予約を完了しました。
273,000円(一人当たり約91,000円)※諸経費全て込み
航空会社は大韓航空です。

残念ながら、昨年比90,000円増(一人当たり30,000円増)となってしまいました。
大韓航空に電話して確認した結果、来年夏のハワイ便ではこのクラスが最安値ということでこの金額で予約するしかなく渋々予約を完了しました。

今回はJTBでもHISでも大韓航空直接でも値段が変わらななったので以下のJTBから予約をしました。
(信頼があるのと日本語で全て予約が可能なのが理由です)

デルタ航空やハワイアン航空なども調べたのですが、倍近くしてしまう感じだったので大韓航空で予約をしました。
これより安く予約できたのがアシアナ航空ですが乗り換え1回だったので直行便を優先して今回の予約になりました。(アシアナ航空は3人で22万円くらいでした)

チャイナエアラインが運休になってしまったのでどうやって最安値で予約するかは来年夏までにまた0から研究をしたいと思います。
こんな方法がよいよという情報があったら教えてください!!!

☆ハワイ専用インスタグラムを始めました!
⇒ハワイ大好きブログのインスタを開始しました!

☆ハワイ移住を実現する超簡単投資法!
⇒ハワイ移住を実現するための月1万円投資法!

⇒トップページへ

スポンサードリンク


記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング