ハワイから影が消える日「ラハイナ・ヌーン」で不思議体験【読者体験記】

スポンサードリンク

ハワイから影が消える日「ラハイナ・ヌーン」で不思議体験【読者体験記】

読者ハワイ体験談シリーズです。
今回はハワイの不思議体験「ラハイナ・ヌーン」についての体験談です。

日本で見ることはできないようですが、ハワイでは年に2回見られる「影が消える日」のことをラハイナ・ヌーンと言います。
このラハイナ・ヌーンをハワイで体験した方のお話になります。

ハワイ旅行基本情報

【旅行者】
ファミリー旅行(20代女性)

【旅行時期】
2017年7月頃

【旅行形態】
個人手配

【宿泊ホテル】
ヒルトンハワイアンビレッジ(グランドワイキキアン)

【印象に残った観光地やビーチ】
「ココヘッド」
あるテレビ番組で見て、インスタグラム等でも写真を見たのでどうしても行きたくて行ってきました。
想像以上の過酷さでしたが、ココヘッドの頂上から見る景色は格別で疲れも全て吹っ飛んでしまうほどでした。
⇒予想以上に過酷だった ココヘッドクレーター トレイルに挑戦!

「カカアコウォールアート」
インスタで「#hawaii」と検索し、カカアコのウォールアートの魅力に取りつかれました!
写真が大好きな妹とフォトジェニックな写真を撮ってきました。
⇒無料で楽しむハワイアンミュージアム!カカアコウォールアート探索

【印象に残ったレストラン(食事)】
「ハードロックカフェ」
BBQハンバーガーとマティーニを頼みました。テーブルを担当してくれた女性の髪が赤で、日本ではあまり見ることのないことだったので最初はびっくりしました。でも、とてもフレンドリーで、BBQハンバーガーの美味しさと大きさにもとても驚きました。

【旅費】
航空券代:10万円(4人で40万円)
ホテル代:無料(ヒルトンタイムシェア利用)
滞在費:8万円(4人で30万円ちょっと)
(5泊7日)

ハワイ旅行体験記 ハワイから影が消える日「ラハイナ・ヌーン」

5月と7月にハワイに行く予定がありますか?

そんな方は要チェック!
日本では絶対にできない体験がハワイで出来るかもしれませんよ!

今回は、私がたまたまハワイで体験することができたとても貴重な体験。

「ラハイナ・ヌーン」についてご紹介します♪

朝の飛行機でハワイに到着。タクシーでホテルへ。
チェックインを済ませて、鍵をもらい、フロントを去ろうとした時。

フロントの方が「ラッキーな時にハワイにいらっしゃいましたね〜」と声をかけてきました。

「え?どうしてですか?」と、私。
するとフロントの方がにこっと笑顔で「明日はハワイから影がなくなる日なんですよ!」と一言。

私の頭の中は「?????」って感じでしたが、こんな感じで知ることになったラハイナ・ヌーンの存在。笑

やっぱり、情報収集は現地に住んでる方に聞くのが1番だなーとしみじみ思いながらすぐにGoogleで検索。

すると、ラハイナ・ヌーンは本当に影がなくなる日のようです!!

さらに調べてみると、ラハイナ・ヌーンは太陽がハワイの真上を通過する日のことで、ハワイでは春と夏の年2回起こる現象なんだそうです。

春なら5月中旬。夏なら7月中旬。
ハワイ島から始まり、マウイ、ラナイ、モロカイ、オアフと2週間に渡ってハワイ全土でラハイナ・ヌーンは観測されるそうです。

そして調べていて驚いたのは、ラハイナ・ヌーンがどこで何時に起こるのか、正確な時間が調べられるということ。

「ビショップ博物館」のウェブサイトで毎年公開されるようで、ウェブサイトには細かい時間まですべて掲載されています。

この時期にハワイに行く予定のある方は是非、ネットで調べてみてくださいね!

ちなみに余談ですが、ハワイ語でLAは「太陽」。HAINAは「灼熱」。
つまりラハイナ・ヌーンは「灼熱の太陽の真昼」という意味なんだそうです。

…と、このことを知った私はもうワクワクが止まりません。
なんたって、年2回しか起こらない1回にたまたま出くわしたのですから!!
しかも日本では絶対に経験できません。

すぐにネットで時間を検索。メモに残して、その時間には、絶対外にいることを強く心に誓いました。笑

スポンサードリンク

そして次の日。

私が向かった先は「ホノルル美術館」。
あまり美術館には行かない私の家族ですが、たまにはいいよねー。ということでホノルル美術館に初挑戦!

市バスをなんとか乗り継いで、ホノルル美術館に到着です。

 

到着してわかったことですが、ホノルル美術館は思っていたより大きい!

日本や韓国、中国、東南アジアなどの東洋の美術ギャラリー。
そしてイタリアやエジプト、ギリシャ、アメリカなどの西洋の美術ギャラリー。
ピカソなど有名な画家の絵画を始め、葛飾北斎の浮世絵、アジアの仏像や彫刻に至るまで約5万点以上を収蔵しているというのですから、見応えは十分。
時間はいくらあっても足りません。

でも、ラハイナ・ヌーンの時間には外にいたい…!

ここから私と時間との戦いが始まりました。笑

1つ良かったのは、ホノルル美術館は1つ1つのギャラリーが別々の個室になっているということ。

その部屋を見終わったら外に1度出て、次の部屋へ移ります。

時計を気にしながら、アートを見る。
出来ればゆっくり見たいですが、今回は仕方ありません。笑

そして、いよいよラハイナ・ヌーンの時間。
太陽がハワイの真上を通過し、ハワイから影がなくなる瞬間です。

この日の天気は快晴。
日差しが照りつける真夏のハワイ。

暑いですが、私ももちろん外に出ます。

そしてふと下を見ると、自分の影が自分の真下に!!
周りの木の影も木の真下に。近くに立っていたポールの影もありません。

「ハワイから影が消えるってこういうことだったのか!」

その時に初めて意味を理解。笑

暑すぎてすぐに建物の中に戻りましたが、とても貴重な良い経験でした。

でも、ホノルル美術館をゆっくり見ることができなかったので、そこはまたリベンジしようと思います。笑

そして、もしまたラハイナ・ヌーンの日にハワイに行くことができたら、次はポールの写真を撮りたいと思います。

なぜなら… それが1番影がなくなる写真としてはわかりやすいから。

初めての経験で、ワクワクしすぎていたので「すごい!!」と感動し、「何の写真を撮ったらいいんだろう!」と考えている間に太陽は移動。(涙)

消えていたはずの影がすぐに姿を現してしまい、影が完全にない写真を撮ることはできませんでした。

なので、次はリベンジ。
影のないポールを撮りたいと思います。笑

ラハイナ・ヌーンの日に行く予定のあるラッキーな方は、どんな写真を撮るのかも考えておくことをおすすめします!

そして、やっぱり気をつけたいのは日焼けです。
太陽が真上から照りつける日に、タンクトップに半ズボンを履いていた私は真っ黒に日焼けしてしまいました。特に肩。(涙)

みなさんも気をつけてくださいね!

ハワイには日本では絶対に経験できないラハイナ・ヌーンという現象があります。

その日に合わせて行くことは難しいとは思いますが、5月と7月に行く方は要チェック!ハワイの特別な思い出の1つになりますよ♪

⇒ハワイのおすすめ無料イベント「ウクレレフェスティバル」に参加!
⇒ハレイワタウンでのんびりランチタイム!

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

2 Responses to “ハワイから影が消える日「ラハイナ・ヌーン」で不思議体験【読者体験記】”

  1. たっきー より:

    こんにちは!

    太陽が真上を通るから影が消えるのですね~。
    本当に影がなくてビックリです!

    一度体験してみたいです♪

  2. Takahashi Ken より:

    たっきーさま

    コメントありがとうございます。
    私もまだ体験したことがないのでそのうち体験してみたいです!
    5月と7月のようなのでちょうどいまくらいの時期に真上にくるんだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ