予想以上に過酷だった ココヘッドクレーター トレイルに挑戦!【読者体験記】

スポンサードリンク

予想以上に過酷だった ココヘッドクレーター トレイルに挑戦!【読者体験記】

読者ハワイ体験談シリーズです。
今回はファミリーでのハワイ旅行の体験記です。

還暦を迎えたお父様の希望でダイヤモンドヘッドではなく、かなり過酷なココヘッドクレーターに登山した時のお話です。

ハワイ旅行基本情報

【旅行者】
ファミリー旅行(20代女性)

【旅行時期】
2017年7月頃

【旅行形態】
個人手配

【宿泊ホテル】
ヒルトングランドワイキキアン

【印象に残った観光地やビーチ】
「カカアコウォールアート」
インスタで「#hawaii」と検索し、カカアコのウォールアートの魅力に取りつかれました!
写真が大好きな妹とフォトジェニックな写真を撮ってきました。

【印象に残ったレストラン(食事)】
「ハードロックカフェ」
BBQハンバーガーとマティーニを頼みました。テーブルを担当してくれた女性の髪が赤で、日本ではあまり見ることのないことだったので最初はびっくりしました。でも、とてもフレンドリーで、BBQハンバーガーの美味しさと大きさにもとても驚きました。

【旅費】
航空券代:10万円弱
ホテル代:無料(タイムシェア所有)
滞在費:8万円
(5泊7日)

ハワイ旅行体験記 ココヘッドクレータートレイルに挑戦

いつもはハワイでゆっくり、まったり家族と過ごすのが定番ですが
今回は60歳を超えた父の強い希望で

ココ・ヘッドトレイルに挑戦することに!

テレビでココ・ヘッドのことを見たらしく、どうしても登りたい!と。
でも見るからに大変そうだし、本当に大丈夫なの?!

そんな私の心配をよそに、父は登る気満々、ノリノリです。
さあ、果たして無事登頂できるのでしょうか?

ココヘッドは無法地帯?!

この日は快晴。
バスを乗り継いでココ・ヘッドにたどり着いたときには10時頃でしたが、すでに汗だくで、下山してきた人たちの姿も!

着いて気がついたこと。それはここが完全なる無法地帯だということです。
ダイアモンドヘッドは道が舗装され、安全にハイキングを楽しめるようになっていますが、ココ・ヘッドは無料で登れる代わりに何が起こっても自己責任。

そして、第二次世界大戦中に使用されていたトロッコの線路跡(1048段!!)を登って行くのですが、これがテレビや写真で見るよりも急勾配!

この時点で楽しみはほぼ不安に変わり、父も少し不安そうな様子。
でも、ここまで来たら登頂するしかない!!!

スタート地点で入念にストレッチして、記念撮影をして、ハイキングスタートです!

まず、登り始めてすぐ、あることに気がつきました。

テレビや写真で見ているときは、階段を登って行くイメージだったのですが、
トロッコの線路の幅が広すぎて、足の歩幅と合わない・・・。

それに急勾配なことと暑さが加わって、体力をどんどん消耗。

最初は写真を撮ったり、話をしたり、一緒に登っている人たちとお互い励まし合いながら登っていましたが、それもだんだんなくなり無口に。笑

スポンサードリンク

ゆっくり休みたいのですが、トレイルの幅は大人が2人横並びで立つといっぱいになるぐらいの広さ。その隣には植物があり、休憩場所を探すのも大変ですし、木陰すらありません。

もちろんお手洗いもありませんから、これからココ・ヘッドに登る方は最初にお手洗いを済ませておくことをおすすめします!

頂上の絶景に疲れも吹っ飛ぶ!

そして、そんなくたくたな私たちの横を、重そうなバックパックを背負って、駆け上がって行く人たちがいます。
あとで聞いてみると、この男性はよくトレーニングのためにココ・ヘッドを利用するので慣れているのだそう。1日に何回も登ったり降りたりを繰り返すそうですよ!すごすぎる!!

こんな感じで、登っては休憩。登っては休憩を繰り返し、3分の1ほど登ったところでふと後ろを振り返ると、そこには絶景が!
これだけでも綺麗なのに、頂上からはどんな景色が見られるんだろう!

ワクワク、パワーチャージをして、また登り始めます。

半分ぐらい登ると、だんだん線路が抜けてなかったり、古くなって変色していたりする箇所が増えてきます。

中には線路の下に大きな穴があるところまで!
手すりなど掴まれるものも何もないので、四つん這いで、みなさんゆっくり渡っていました。

そこを抜けたら、また、登っては休憩。登っては休憩の繰り返し。

でも、本当の山場はここから。

残り4分の1!というところで、山はさらに急勾配になっていきます。
私はほぼ四つん這いの格好で登っていました。笑

このあたりに来ると、足はほぼ棒の状態。話す気力もありません。
一緒に登っていた人たちも無言で、ただただ登って、休憩の繰り返し。

同じペースで登っていたカップルも、最初は「誰がこんなところ登ろうって言ったのよー!」と冗談っぽく叫んでいましたが、最後はそんな元気もない様子でした。笑

「もう少し、もう少し」と言いながら、この頃にはほぼ気力だけで登っている状態です。頂上から降りて来る人たちが ‘Almost there!’ (あと少し!)と励ましてくれますが、それに応える気力ももうありません。笑

そして登り始めて約1時間。
頂上で私たちを待っていたのは・・・ハワイの大絶景!!!

360度の大パノラマが広がり、オアフ島人気のシュノーケリングスポット、ハナウマ湾が一望できます。

頂上で、登り切った人たちと ‘Good job!’ (よくやったね!)とお互いを讃え合いました。

ココヘッドで最高のひと時

そして、ここからが私のお楽しみ。
「おにぎりタイム」です!

きっとお昼頃には着くだろうと予想していたので、
実は小さなおにぎりとお茶をリュックに忍ばせていたのです!

ココ・ヘッドの頂上で心地よい風を感じ、ハワイを一望しながら食べるおにぎりは、本当に格別!!忘れられない瞬間になりました。

ココ・ヘッド挑戦は想像以上に過酷なものでした。
ですが、やり切った後には疲れも忘れてしまうほどの「ハワイの大絶景」というご褒美が待っています!

是非、ハイキングが好きな方はココ・ヘッドに挑戦してみてください!
本当におすすめです!

でも、登る際には、たっぷりのお水を持参することと、入念なストレッチを忘れないでくださいね!

⇒ハレイワタウンでのんびりランチタイム!
⇒ハワイでSUPを初体験!海の上に立つ最高の経験!
⇒ハナウマ湾でシュノーケリングを満喫!

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ