スター・オブ・ホノルル号のディナー&ショークルーズツアー【読者ハワイ旅行記】

スポンサードリンク

スター・オブ・ホノルル号のディナー&ショークルーズツアー【読者ハワイ旅行記】

読者ハワイ体験談シリーズです。

今回も読者さんのリアルなハワイ旅行記をお届けします。

今回は以前ポリネシアカルチャーセンターの旅行記を投稿してくださったCさんの第二弾です。

ハワイでクルーズツアーを検討している方はとても参考になると思うので目を通してみてください。

        (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

ハワイ旅行基本情報

【旅行者】
ファミリー旅行(40代)

【旅行時期】
2017年10月頃

【旅行形態】
ツアー旅行

【宿泊ホテル】
ホリデイインホノルルワイキキ

【印象に残った観光地やビーチ】
「ポリネシアカルチャーセンター」
⇒ポリネシアカルチャーセンターで各種ショーを満喫!【読者体験談】

【印象に残ったレストラン(食事)】
「Teddys Bigger Burgers(テディーズビガーバーガー)」
ハンバーガーは大きくてジューシーで美味しかったです。見た目も豪快でした。
⇒ハワイの安くておいしいハンバーガー テディーズビガーバーガー(Teddy’s Bigger Burgers)

【旅費】
ツアー代:約15万円
滞在費:約5万円
(4泊6日)

ハワイ旅行体験記 スター・オブ・ホノルル号のディナー&ショークルーズ

スター・オブ・ホノルル号のクルーズツアーは、海の上をクルーズしている間にキレイなサンセット(日没)の景色を楽しんだり、船上で豪華な食事を食べたり、ポリネシアンショーを見たりすることができる盛りだくさんのツアーです。

        (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

そして乗船する「スター・オブ・ホノルル号」はハワイで最大サイズのクルーズ船です。

このクルーズ船は4階建てで、1500人もの人が乗船することが出来ます。2種類の船を安定させる特殊設計とシステムが搭載されていますので、揺れが少ない構造になっています。

よって、このディナー&ショークルーズはハワイで一番人気があるクルーズツアーです。

今回は、そのスター・オブ・ホノルル号のディナー&ショークルーズの魅力とリアルな体験談を紹介させていただきます。

クルーズ船ツアーのスケジュール&エンターテイメント

通常、クルーズ船内で過ごすのは2時間です。(金曜日のみ、花火鑑賞もあるため3時間)

その2時間は様々なエンターテイメントを楽しむことが出来ます。

そしてそのスケジュールは以下のような流れとなります。

1-1.乗船&席に着く
乗船すると、係員がチケットを見て席にエスコートしてくれます。そしてまずはドリンクをオーダー。

ウエルカムマイタイ(マイタイ:ハワイ特有のカクテル)は無料でした。

       (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

       (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

1-2.サンセット鑑賞
乗船して20分ほど経つと、夕陽が沈み始めます。デッキに出て、サンセットの景色を堪能することができます。

船の上から見える、水平線に沈んでいく夕陽の景色はとてもキレイで感動します。

     (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

    (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

1-3.ディナータイム
サンセットのキレイな景色を楽しんだ後は、お楽しみのディナータイムです。

クルーズ船でのディナーは予想以上に豪華なもので、ジューシーなローストビーフ、白身魚のソテー、照り焼きチキンなどのメインメニューに加えて、サラダバー、トロピカルフルーツ、そしてブラウニーやプリンなどのデザートも数種類ありました。

ディナータイムの間には心地良いハワイアンの音楽が演奏されていて、ステキな雰囲気の中、ディナーを楽しむことが出来ます。

追加料金を支払うと、ビュッフェディナーではなく、ステーキやロブスターを食べることが出来るコース料理を楽しむことも可能です。

スポンサードリンク

      (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

     (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

1-4.ポリネシアンショー
ディナーを楽しんで、心もお腹も満たされた後には、ポリネシアンショーを楽しみます。

船上にあるステージですから、サイズ的には小さくて迫力感には少し欠けますが、その分ステージだけでなく私達が座っていたテーブルのすぐそばまで来て、ダンスを踊ってくれたりしたので、また別の楽しみ方をすることが出来ました。

キレイなハワイアンの衣装をまとった女性のダンサー達と、ちょっとワイルドな格好をした男性のダンサーたちが、ハワイアンミュージックに合わせて踊ったり演技をする姿はとてもキレイで感動しました。

      (出典:https://www.compathy.net/tripnotes/26048)

     (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

そしてショーの終わりにはお客さんとダンサーたちが一緒に踊って盛り上がりです。

さすが開放的な雰囲気のハワイらしく、参加しているお客さんのノリも良くて一緒に踊って楽しんでいました。それを見るのも楽しかったです。

     (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

     (出典:https://blogs.yahoo.co.jp/marrmimm/18314725.html)

そしてポリネシアンショーが終わる頃にはクルーズ船のツアーも終了となります。

金曜日のツアーに参加すると、上記のスケジュールに加えて、船上から花火を鑑賞することが出来て、その分時間が1時間長くなります。

スター・オブ・ホノルル号のディナー&ショークルーズツアーの種類

ディナー&クルーズツアーには合計4つの種類があります。

それぞれの種類でその良さや特徴が変わりますので、ご自分の希望に合うツアーを申し込んでみてください。

それぞれの種類の特徴は以下の通りです。

*パシフィックスター(100ドル前後)
このツアーが一番安くて、ディナーはビュッフェタイプ(食べ放題)となります。

私達は料金に惹かれてこの種類を選んだのですが、ビュッフェディナーが美味しくて満足でした。

*1スター(115ドル前後)
パシフィックスターに比べると少し高くなりますが、ディナーがコース料理になってステーキを食べることが出来ます。

そしてカニの食べ放題も付いています。

ビュッフェではなく、コース料理でゆっくり食事をしたい方には良いでしょう。

*3スター(150ドル以上)
1スターよりも高くなってしまいますが、ディナーのコース料理で出される食材がグレードが高い物になります。

ロブスター丸ごと一匹とステーキ肉も質が高い物が出されますし、品数も増えます。

ちょっと贅沢なディナーを楽しみたい方には良いでしょう。

*5スター(180ドル以上)
他のプランに比べると高くなってしまいますが、ディナーのコース料理で出される食材は一番グレードが高い物になります。

そして出される品数も多くあります。

せっかくのクルーズ船ディナーですから、たまには贅沢なディナーを楽しみたい方には良いでしょう。

スター・オブ・ホノルル号の申し込みは現地でもできますが、以下の日本のサイトから日本語で申し込むことも可能です。

日本にいる間に日本語で申し込んでおきたいという方は以下から申し込んでみてください。

まとめ

ハワイには何度か行って様々な体験をした私ですが、このクルーズ船ツアーはとても貴重な体験となりました。

乗船していた2時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、とても楽しかったです。

開放的な雰囲気ですから、他のお客さん達とお喋りするのを楽しむことが出来ました。

水平線へ沈む夕日の景色はとてもキレイでしたし、ハワイの音楽を聴きながらのディナーは堪能できましたし、ポリネシアンショーも楽しみました。

少し料金が高めですが、その分の価値はあります。

せっかくのハワイ旅行で特別な体験をしたい方にはおススメです。

⇒全米ナンバーワンビーチにも輝いたワイマナロビーチまで東海岸ドライブ!
⇒マカプウ岬の絶景に大感動!!!

☆ハワイに無料で行こうプロジェクト!メンバー募集中!
⇒【メンバー募集!】ハワイに無料で行こうプロジェクト!

スポンサードリンク


記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

ハワイに安く行く方法を大公開!

プロフィール


Twitter:@soccerboo2014
40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ