ハワイに移住しても桜は見られるのか?お花見スポットワヒアワ本願寺

スポンサードリンク

ハワイに移住しても桜は見れるのか?お花見スポットワヒアワ本願寺

日本人独特の文化にお花見があります。桜の花の見ながら食事をしたりお酒を飲んだりするのは日本だけの文化のようです。
ハワイに移住してもお花見はできるのだろうか?お花見の時期にハワイ旅行に行ったらハワイでも桜は見れるのだろうか?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

常夏の島ハワイにも桜の名所があるんです!
ノースショアに行く途中の町ワヒアワは1月中旬~2月中旬にかけて500本もの桜が見られると有名な場所なのです。

ワヒアワの桜についてもいろいろ調べてみました。

1901年福岡県出身の手島弥助は日本人ではじめてワヒアワの町にパイナップルを栽培しました。そして、当時ワヒアワには多くの日本人移民労働者が住んで生活をし1950年代には日本のシンボルでもある桜が植樹されました。

その後、多くの日本人移民者は生活の変化に伴いホノルルに移り住みましたが、現在もその頃の面影が残り京都に本山を構えるワヒアワ本願寺には今も桜が咲き誇ります。

ワヒアワの桜は寒緋(かんひ)桜です。日本の桜の多くのソメイヨシノは豪華絢爛ですが、こちらの桜は鮮やかなピンク色で可憐なのが何とも風情があります。
ハワイ,桜,ワヒアワ   (出展:http://hpr2.org/post/pretty-pink-wahiaw-celebrates-sakura)

場所はワヒアワにあるカリフォルニア通り沿いです。

ワヒアワ本願寺の桜は名所として良く知られている場所。10本ほど見ることができます。そこでお花見を楽しんだ後にカリフォルニア通りをさら進みます。
レイレフア高校のキャンパスにも数本植えられていてそのまま歩くと住宅街。フェンス越しに民家の庭にある手入れの行き届いた桜が可愛らしく咲いているのが見えます。

歩いて30分ほどするとイリアヒ小学校に到着。こちらにも10本ほどの桜が植えられています。五分咲きといったところです。
この場所から先のカリフォルニア通りを右に曲がると大きな桜が見えてきます。日系人のお宅でしょうか?数軒の民家から大胆に咲き誇る桜を眺めることができてとても綺麗です。
ワヒアワ,ハワイ,カリフォルニア通り

スポンサードリンク

せっかくなのでお花見をしながら一杯飲みたいところですが、残念ながらハワイでは公共の場でのお酒は禁止されています。ハワイの歴史を感じながらのんびりと歩いて見てまわるのが良さそうですね。

じつは日本とゆかりのある場所には桜が植えられていることがあります。探して見るのも楽しいかもしれません。他にも桜の花と良く似ているアーモンドの木を見ることができるのもハワイならではです。

なぜだかはわかりませんが、日本人は桜は大好きです。私もその一人で海外に行っても桜の花を探してしまいます。
ワシントンD.C.に出張で1ヶ月行っていた際も1時間かけてワシントンの桜を見に行きました。
ハワイの移住の夢を叶えたらきっと桜を見たくなると思います。日本とは少し異なる風情ですがハワイの桜もなかなかよいものだと思います。

日本とはひとあじ違うハワイの桜を是非楽しんでみてはいかがでしょうか?
ワヒアワ本願寺,ハワイ

ワイキキからワヒアワ本願寺にThe Busで行くには

クヒオ通りから2番または13番に乗ってダウンタウンの州庁舎前(Beretania St +punchbowl St)まで行きます。左側に州庁舎、右側には慰霊碑エターナル フレーム(永遠の炎)が見えます。

アナウンス「トランスファーポイント」が流れたら乗り換えです(一部アナウンスのないバスもあります)。
目の前のバス停で52番に乗り換えます。ここから約1時間ほどでワヒアワ・トランジットセンターに到着。徒歩4分ほどでワヒアワ本願寺です。

ワヒアワ本願寺(Wahiawa Hongwanji Mission)
住所:1067 California Ave, Wahiawa, HI 96786
電話番号:(808)622-4320
ホームページ:http://www.wahiawashinbuddhists.org/

⇒その他のハワイのおすすめ観光地情報はこちら

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ