スパリゾートハワイアンズ旅行記2016 プールを中心に紹介

スポンサードリンク

スパリゾートハワイアンズ旅行記2016

10月10日~12日の2泊3日でスパリゾートハワイアンズに家族3人で行ってきました。
スパリゾートハワイアンズがどんなところだかわかるように写真を満載で旅行記を記載したいと思います。
ハワイアンズ,旅行記,プール
⇒スパリゾートハワイアンズの基本情報はこちら

まずは率直な感想です。ハワイの音楽が掛かっていたりやハワイのお土産が売っていたりいたるところで「アロハ」や「マハロ」という言葉が聞こえてきてはハワイを連想させるところは非常に多かったですが、ハワイとはまた別物でした。

別物でしたが、ハワイアンズはハワイアンズでかなり楽しいところでした。
息子も言っていましたが、また是非行きたいと家族全員が感じました。

皆さんが最も気になるであろう旅費から説明したいと思います。
家族3人(大人2名、小学生低学年1名)で2泊3日(3日間のプールの入場券付き)のプランで78,300円でした。

小学校が秋休みのところがあったり、運動会の振替休日のところがあったりということで普通の時期よりは若干高めの時期ではあったと思いますが、2食付きでプールの入場券付きなので妥当な金額なのかなと思います。私的にはこの金額でも満足感がかなりあります。

スパリゾートハワイアンズのプール情報

スパリゾートハワイアンズのプール情報です。
我が家も初日、2日目はそれぞれ7時間以上プールにいたのでハワイアンズのメインはこのプールになると思います。
まずプール(水着で遊べるエリア)の種類は以下3エリアあります。
・ウォーターパーク
・スパガーデンパレオ
・スプリングタウン
それぞれのエリアごとに紹介していきたいと思います。

ウォターパーク

まずはメインのプールのウォーターパークの紹介です。

まずは中央に大プールがあります。ここではビーチボールを使って遊んだりしているファミリーや団体が多い感じでした。息子は泳ぎの練習をここで行いました。一番広いのでいろいろな遊びが出来ると思います。
ハワイアンズ,大プール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は流れるアクアリウムプールです。こちらは流れるプールで途中に水族館があるといった感じです。浮き輪に浮いてサメやエイもいる水槽を見ているのも良いですし、我が家のように鬼ごっこをして楽しむのもいいと思います。
ハワイアンズ,アクアリウム,流れるプール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次はスライダーです。スライダーも3種類ありましたが、まずは息子が15回以上滑ったワンダーリバーです。
浮き輪に乗って一人で滑るタイプのスライダーです。
hw001

スリル満点で全長130mあるスライダーのワンダーブラックです。こちらも浮き輪に乗って滑るタイプで二人乗りと一人乗りが可能です。
ワンダーブラック,ハワイアンズ

3つ目は、座って滑るタイプのワンダーホルンです。上段と中段があり、平日は中段がお休みになります。
ワンダーホルン,ハワイアンズ

スライダーは入場料とは別料金で3種類1日滑り放題で2300円、ハワイアンズに宿泊している人は1000円引きでした。
1種類乗り放題は1300円です。その他6回券が1050円や1回券200円なども売っています。

続いて小さい子供が遊べるエリアワイワイオハナです。
こちらはちょっとしたアスレチックとミニスライダーがあります。息子が日記で書いていましたが、このミニスライダーはワンダーリバーより急で結構怖かったそうです。小学校低学年の子供はここでも楽しめそうです。
ワイワイオハナ,ハワイアンズ,子供

さらに乳幼児向けの天使の水場というエリアもあります。おむつの取れないお子さんなどはこちらで遊ばせることが可能です。ここも小さいですが滑り台もあり、結構楽しめると思います。
天使の水場,ハワイアンズ,幼児

続いて各種ショーが行われるビーチシアターです。
我々家族のフラのショーなどを見ましたがかなり完成度が高くて結構感動しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このウォーターパークの中には食事をするところも何箇所かあります。
ビュフェレストラン、ピザ、ハンバーガー、カレー、ハワイアンフードなどいろいろな食べ物を選ぶことができるので連日で遊んでも飽きることはありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサードリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スプリングタウン

次はスプリングタウンという水着で入れる温泉エリアです。ウォーターパークから水着のまま歩いていくことが可能です。こちらは遊ぶという感じではなく、水着で温泉につかるといった感じです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この他にもミストサウナなどもあり、温泉で温まるという意味ではゆっくりできるエリアだと思います。

スパガーデンパレオ

このエリアは唯一屋外の温泉プールです。アートスパになっており、レッド、ブルー、イエロー、グリーンエリアがあり、それぞれ趣向の違ったエリアになっております。
私と息子は、このエリアでかくれんぼをして遊びました。とても広くなかなか見つからないのでかなり楽しめました。

レッドゾーンは三日月型のオブジェが配置され水が噴き出す・流れるなど水の性質を活かしたエリアになっていました。隠れるところが豊富で隠れんぼにはもってこいでした。
ハワイアンズ,レッドゾーン

ブルーゾーンはジャグジーやボディマッサージ系があるエリアです。息子はマグナムジェットという場所が最も気に入っていました。
pareo01_img07            (出展:ハワイアンズ公式サイト)

イエローゾーンは、円形の浴槽が複数あるエリアになります。冬は多分のこのエリアは移動するのが寒いので一度入ったらなかなか出れなくなりそうです。
pareo01_img10            (出展:ハワイアンズ公式サイト)

グリーンエリアは、その名のとおり植物など緑がたくさんあり、膝丈以下の浴槽で歩行浴で楽しむエリアになっています。息子はこの歩行浴に寝転んで隠れていて私は見つけて大笑いしてしまいました。
pareo01_img01            (出展:ハワイアンズ公式サイト)

スパリゾートハワイアンズのホテル情報

スパリゾートハワイアンズの宿泊施設は、ホテルハワイアンズとモノリスタワーとウイルポートとクレスト館という4種類があります。

今回私は最もスタンダードのホテルハワイアンズに止まったのホテルハワイアンズの情報を紹介しようと思います。
ホテル,ハワイアンズ

東1号館、東2号館、中央館、南1号館、南2号館とあり、かなり大型のホテルになっております。私は東1号館に泊まったのですが、10畳の和室でトイレ風呂付きの部屋でした。

建物自体は古いのですが、掃除はきちんとされていてきれいになっていました。大型ホテルですが、布団もきちんと毎日敷きにきてくれますし、タオルはもちろん部屋着のアロハシャツやムームーも毎日交換してくれます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食事は朝夕ともにビュッフェスタイルで夜はライブで調理してくれる三元豚や天ぷらもありますし、ロースビーフや各種野菜などもあり、かなりおいしい方でした。デザートも豊富で二日とも食べ過ぎて胃がいたくて夜何度も目が覚めてしまうほどでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お土産なども売っているところやコーヒーショップなどもありホテルもリゾートの雰囲気はかなりありました。
WiFiはロビーでだけ無料で繋がりました。

我が家は旅行にいくと現地で洗濯をするのですが、ランドリーエリアもしっかりあり、長期で滞在も可能です。
ハワイアインズ,洗濯,ランドリー

スパリゾートハワイアンズの温泉(お風呂)

まず各宿泊施設にそれぞれ大浴場があります。私も初日は疲れてしまったのでホテルハワイアンズの大浴場にいきました。

その他にもプールエリアの方に大きなお風呂が2箇所あります。一つ目は巨大な露天風呂の江戸与市、もう一つが温泉大浴場パレスです。

まずプールで遊んだ後に江戸与市にいきました。江戸時代の風情のある巨大な露天風呂でなんと世界一の広さの露店風呂だそうです。体を洗う場所などはなく掛け湯と巨大な露天風呂があるだけです。広いお風呂でゆっくり温まるのもかなりいい感じでした。
hawaiians

温泉大浴場パレスはいろいろなお風呂がありました。ひのき風呂やジャクジーや露天風呂や打たせ湯や寝湯やサウナがあります。息子と私はTVを見ながらサウナの中温に入って、熱くなったら冷水に浸かるという感じで楽しんでいました。広くて夜は人も少ないのでのんびり楽しめました。
sp02_img01

sp02_img04

スパリゾートハワイアンズの総合評価は?

スパリゾートハワイアンズの最終的な評価ですが、我が家では以下のような評価になりました。
「本当のハワイがやはりNO1だけど、国内のホテルの中ではスパリゾートハワイアンズが一番楽しい」

結構国内の旅行も行っているのでこの評価はかなり高い結果だと思います。私自身もかなり楽しかったのでまた是非行きたいと思っています。

ハワイ旅行は長期行くので短期旅行はハワイアンズという感じでいいかなと思っています。

ただし1泊当たり値段は、本当のハワイ旅行の航空券+ホテル代が安いので安くハワイに行きたいという方は以下の記事も読んでみてください。
⇒ハワイ旅行に安く行く方法を大公開

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ