【ハワイでサイクリング】自転車シェアサービスBiki Hawaiiを徹底解剖!

スポンサードリンク

【ハワイでサイクリング】自転車シェアサービスBiki Hawaiiを徹底解剖!

2017年6月末からハワイ オアフ島のダイアモンドヘッドからダウンタウン間で自転車のシェアサービスBikiが開始されました。

私も2017年夏休みのハワイ旅行ではかなりこのBikiサービスを活用しました。本当に便利だし、行動範囲も一気に広がったので皆さんにも紹介したいと思います。
⇒2017年夏休み ハワイ旅行記その5 レンタルサイクルBikiでボガーツカフェへ
⇒2017年夏休み ハワイ旅行記その7 Bikiに乗ってレナーズのマラサダ購入
⇒2017年夏休み ハワイ旅行記その14 Bikiでハワイ出雲大社までサイクリング

Biki Hawaii(ビキ ハワイ)とは?

Biki Hawaii(ビキ・ハワイ)とは、Bikeshare Hawaii と言う非営利団体が運営している自転車シェアサービスのことです。

          (出典:https://ameblo.jp/sayu03waikiki)

ホノルル市内のチャイナタウンからダイアモンド・ヘッドの手前カピオラニパークの間の地域に1000台のレンタル・サイクルが100のステーションで借りることが可能です。

ハワイの移動手段に、バスはちょっと勇気がいるという方、車も日本と標識が違うし、ハンドルが逆だから運転するのに抵抗がある方にぴったりのサービスです。

Biki Hawaiiの料金システム


Biki Hawaiiの料金システムは、
「1回利用」
「FreeSpirit(時間チャージ利用)」
「マンスリー利用」
と3種類あります。

料金の支払いはクレジットカードを使用します。Biki Hawaiiで決済可能なクレジットカード会社は、
・VISA
・MasterCard
・AMERICAN EXPRESS
・JCB
・DISCOVER

となります。

料金システムの詳細は以下になります。
『1回利用』
$3.50-(30分以内利用)1回だけ

『FreeSpirit(時間チャージ利用)』
$20-(合計300分になるまで利用可能)時間内で回数制限なし

『マンスリー利用』
$15-(30分以内で利用)回数制限なし
$25-(60分以内で利用)回数制限なし
※マンスリーで登録する場合は、事前の登録が必要となります。

旅行者におすすめは「FreeSpirit(時間チャージ利用)」です。私は最初試しにと思って1回利用から使ってみましたが、そこそこの日数ワイキキエリアに泊まる方は初日に「FreeSpirit(時間チャージ利用)」を購入してしまえば旅行中は自由にBikiを利用できると思います。

Biki Hawaiiの利用方法

①Bikiストップを探します。
どこにBikiストップがあるかは公式サイトのMAPで見つけることが可能です。

スポンサードリンク

②タッチパネルで利用料金を支払います。
言語の変更も可能で日本語メニューに変更できるのでどなたでも簡単に利用証を購入することが可能です。
先ほども記載した通り支払いにはクレジットカードが必要になるのでクレジットカードを持っていくようにしてください。

③5桁の暗証番号を取得
決済が完了すると、1〜3までの数字で5桁の暗唱番号が発行されるのでプリントをするか暗記をするかします。

④暗証番号を使って自転車を引き出します。
暗証番号が、発行されたら各自転車のラックに3つのボタンがあるので、それぞれに発行された暗証番号を入れます。ランプが緑に変わったら完了です。自転車を引き出しましょう。

Biki Hawaiiの返却方法

Biki Hawaiiの返却は借りるより簡単です。
返却はどのBikiストップでもOKなので行きたい場所の近くのBikiストップに行きます。
自転車の前輪をBikiストップのドックに差し込んで、緑色のライトが点灯したら返却完了です。

ちゃんと奥までドックに差し込まないとずっと借りていることになってしまうので注意してください。
心配な場合はタブレッドにクレジットカードを差すと履歴を確認することができるのでしっかり返却できているか確認してみてください。

Biki Hawaiiの有効活用について

私も先日ハワイに行った際にこのBiki Hawaiiのおかげでいろいろ時間を短縮することができました。
歩いて行くのは遠いけどバスを待っていると時間が掛かるしレンタカーを借りるほどでもないという場所の場合はこのBikiが最適です。

私は今回はレナーズやボガーズカフェや高橋果実店に買い出しに行くのにも使いましたし、ハワイ出雲大社やチャイナタウンやカメハメハ大王像やイオラニ宮殿に行くのも数十分以内で行けるので非常に便利でした。

今回私は直接は行ってないですが、ハワイ大学に行ったり、ドンキで買い物したりするのにもこのBikiで行くのが市一番早いと思います。

このBiki Hawaiiを上手く活用することで今までのハワイ旅行とは違った楽しみ方ができると思うので是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ