ハワイ オアフ島 ホノルルの鉄道(市電)計画

スポンサードリンク

ハワイ オアフ島 ホノルルの鉄道プロジェクト

オアフ島の渋滞はこ存じの方も多いかと思いますが、朝や夕方はかなりの渋滞でレンタカーなどで出かけてもかなりのストレスになります。

この渋滞の対策としてオアフ島に鉄道の計画があるのはご存知でしょうか?

ホノルル市によって進められている高架鉄道計画で、オアフ島西部の東カポレイからホノルルの中心部、アラモアナまでを結ぶ全長約32 kmの鉄道になる予定です。

2019年の終了を目指し52億ドルを投資して建設が進められています。

ホノルル,ハワイ,鉄道

 

計画自体はだいぶ前(40年程度前)からあったようなのですが、実際に工事が始まったのは2011年となっております。オアフ島の住民投票で可決されたことで工事が開始したようです。

スポンサードリンク

アラモアナを終点として以下の駅が建設される予定です。
1 East Kapolei 42 分
2 UH West Oahu 40 分
3 Hoopili 36 分
4 West Loch 34 分
5 Waipahu Transit Center 31 分
6 Leeward Community College 29 分
7 Pearl Highlands 28 分
8 Pearlridge Center 24 分
9 Aloha Stadium 21 分
10 Pearl Harbor Naval Base 19 分
11 Honolulu International Airport 16 分
12 Lagoon Drive 14 分
13 Middle Street 12 分
14 Kalihi 10 分
15 Kapalama 8 分
16 Iwilei 6 分
17 Chinatown 5 分
18 Downtown 4 分
19 Civic Center 3 分
20 Kakaako 2 分
(※時間はアラモアナからの所要時間)

運行スケジュールは、毎日午前4時~深夜0時までで、通勤時間のラッシュアワーは5分おき、それ以外の時間帯には10分おきに運行される計画になっております。

この計画により各駅には巨大な駐車場やモールなども建設される可能性もあり、オアフ島全体が発展していく可能性があります。また、われわれ観光者も鉄道を使って自由に新たな観光エリアにいくことが可能になり、ハワイの新しい一面を見ることが可能になります。

また、最も問題になっていた渋滞もかなり緩和されることが予想されており、交通事故も大幅に削減される見込みです。レンタカーを借りて観光地をまわる人も渋滞のストレスなく観光することが可能になります。

「ハワイに安く行く」という点で考えても空港からのアクセスも鉄道で安く移動できるようになりますし、その他の観光地へも鉄道で移動することで移動費を大幅に削減できることが期待されます。

ハワイの旅行の重要情報だと思うので今後もこのホノルル市電プロジェクトは定期的にレポートしていこうと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ