エアアジアX(LCC) 関空~ホノルルの片道航空券 12900円から

スポンサードリンク

エアアジアX 関空~ホノルルの片道航空券 8811円から

LCC(ローコストキャリア)が日本登場してまあまあ時間が経過しましたが、ついにハワイ便にもLCCが登場しました。

関空-ホノルル便で当初6月29日~7月1日3日間限定で片道8811円で売り出されました。

今現在は日本からハワイに行く便の最安値はこのエアアジアXのLCCとなったので詳細について紹介したいと思います。

ハワイ便のLCCは関空発のみ

LCCでハワイ便が出たならハワイに行くときはLCCで行こうと思った方が多いと思いますが、残念ながら現在日本からハワイへLCCが出航しているのは関空発のみです。

関西に在住の方のみ関空-ホノルル便のLCCでハワイに行くことが可能です。
関東の在住の方やその他のエリア在住の方は他の空港からもLCCが飛んでくれることを期待して待つしかないですね。

関空-ホノルル便は片道いくらなのか?

関空-ホノルル便の航空券はいくらで買えるかというと、公式には片道12,900円~購入できるとなっております。

エアアジアXのHPで直近の7月の平日の航空券を検索してみると、片道約15,000円で購入することが可能なようです。

これが8月の夏休みに一気に10倍くらいの価格になっていたので夏休みの航空券をギリギリに予約する場合は価格はそんなに変わらないようです。

ハワイ便は週に何回飛んでいるのか?

関空-ホノルル便は毎日飛んでいるわけではありません。
現在は週に4回のみ出航しています。

エアアジアX 関空-ホノルル便 運航スケジュール
D7 001便 関空23:25発 ホノルル12:30着
D7 002便 ホノルル16:00発 関空20:25着(翌日)

月・水・金・土の週4回運航しているのでこの曜日に合わせて旅行に行くことが可能な方はエアアジアXのLCCを活用してください。
運航時間もちょうどよく、空港でご飯を食べて飛行機に乗ってそのまますぐ寝てホノルル到着も12:30なのでチェックイン待ちもほとんどなくホテルにはいることが可能です。

帰りの便も朝早くないのでゆっくり起きて早目の昼食を食べてから空港に向かえばOKです。

エアアジアXのシートはどんな感じ?

エアアジアXの価格や運航スケジュールは前述のとおりですが、皆さんが最も気になるのは座席(シート)がどんな感じかということだと思います。

7時間前後の夜間のフライトで飛行機で睡眠をとる必要があるので、座席がどんな感じなのか非常に重要だと思います。

スポンサードリンク

機体はA330-300型機というもので座席の種類は2種類です。
プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス):12席
レギュラーシート(エコノミークラス):365席

※ちなみにこのA330-300型というのは東京-ホノルル便の大韓航空やチャイナエアラインとも同じ機体です。

【プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)】
             (出典:エアアジアX HP)

座席のピッチは60インチ(約152cm)と広く、座席幅も20インチ(約51cm)あります。

ビジネスクラスはリクライニングさせると一応フラットにはなることになっていますが、リクライニングの角度は180度まではいかない「ライフラットシート」です。

個人用モニターはついてなく、タブレット有償で借りてエンターテインメントを楽しむことになります。

【レギュラーシート(エコノミークラス)】
             (出典:エアアジアX HP)

エアアジアXの機体はA330-300型でチャイナエアラインやハワイアンエアラインや大韓航空と機体は同じです。

これらの航空会社のエコノミークラスは「2-4-2」の横8席なのですが、エアアジアXのエコノミークラスは「3-3-3」の9席配置です

これを見てもわかるようにシートの幅については他の航空会社よりは狭くなっていることがわかります。

座席ピッチは32インチ(約81cm)ありますが、座席幅は16.5インチ(約42cm)と他の航空会社のエコノミークラスより3~4cm狭いようです。

エアアジアXの機内食は?

ハワイ便の場合は7時間程度なので飛行機に乗る前に食事をして乗れば降りるまで無しでも特に問題はないと思いますが、エアアジアXの機内食はどういったシステムになっているかだけ説明しておきます。

LCCの場合は基本的には食事は全て有料での提供となります。
ただし、エアアジアXのハワイ便の場合は、プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)は1食のみ無料で食事が提供されます。

ホノルル便の機内食は一食16USドル程度です。

エアアジアX 関空-ホノルル便のまとめ

座席の幅が若干他の航空会社より狭いというデメリットはありますが、価格はそれを補うに十分なほど格安です。

正直たった7時間辛抱すればあとは楽園ハワイが待っているので7時間だけ少し狭いけど辛抱してハワイでお金を使って楽しむというのがいいのではないかと個人的には思います。

今後他の地域からもLCCのハワイ便が運航してくれることを願いたいです。

⇒ハワイの往復航空券を格安で予約出来る航空会社と最安値の時期

⇒チャイナエアライン 2017,2018年ホノルル便 運休!

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

2 Responses to “エアアジアX(LCC) 関空~ホノルルの片道航空券 12900円から”

  1. nana より:

    LCCの情報ありがとうございます!
    すごい!安いですね~(^^)残念ながら当方関東在住なので使えませんが・・・
    成田からも出てくれるといいですね。

  2. Takahashi Ken より:

    nanaさま

    コメントありがとうございます。
    早く成田からもLCCのハワイ便が出てくれるといいですね~
    今のところ予定はないようですが・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ