ハワイ旅行 火山噴火の影響はあるのか?【6月9日時点最新情報】

スポンサードリンク

ハワイ旅行 火山噴火の影響はあるのか?最新情報のまとめ

※6月0日最新情報追記

ハワイ島キラウエア火山が5月初に噴火しました。
「ハワイ旅行行けるんですか?」「飛行機は大丈夫なんですか?」と周りの人から聞かれることが多くなったので噴火の影響がどの程度あるのかについて調べてみました。

直近でハワイ旅行に行く予定がある方やこれから予約をしようとしている方は参考にしてみて下さい。

以下の順で説明します。

  • 火山の噴火の最新情報
  • ハワイ諸島各地への影響は?
  • 各航空会社のフライト情報
  • ハワイ旅行はキャンセルするべきか?

ハワイ火山噴火の最新情報

もともと火山活動が活発なキラウエア火山ですが、今までとは異なる場所に亀裂が生じ、そこから溶岩が噴出して突然爆発しました。
噴火当初の様子がTwitterに動画でアップされているのでリンクを掲載します。
真上から撮影しているのでドローンで撮ったんじゃないかと思います。

今回の噴火は住宅街付近で突然起こっており、キラウエア火山ツアーなどで負傷者が出ているのかと心配しましたが、幸い今のところ負傷者はゼロです。
その点に関しては不幸中の幸いだと思います。

ただ約1万人に避難指示が出ており、近隣住民の生活には大きな影響が出ています。

『6月9日』
噴火はが続いており、住宅600棟が焼失し、ハワイ諸島最大の淡水湖「グリーンレイク」に溶岩が流入して消滅してしまいました。

詳細は別記事に記載したので以下をご確認ください。
⇒噴火被害が拡大!ハワイ火山を4K撮影した動画がすごい!

『5月31日』
ハワイ州ハワイ郡のハリー・キム郡長が、キラウエア火山の噴火をめぐる避難命令に応じるよう周辺住民に呼び掛けました。
現在は8番目にできた亀裂から分速約9メートルに加速した溶岩があふれだし、132号線まで溶岩が流れ出ています。

『5月23日』
ハワイ州知事 デービッド・イゲ氏からの声明が発表されました。

以下一部抜粋です。
「まもなく夏の観光シーズンが始まりますが、ハワイ諸島でのキラウエア火山の活動による影響はないので、ご旅行を遅らせる必要はございません。また、ハワイへの航空便数は過去最多となっており、ハワイの島々を楽しんでいただける宿泊先やアクティビティに関しても豊富な選択肢を取り揃えております。」

『5月19日』
いまだに噴煙が約9100mまで上っており終息のめどがたっていない状況です。
現在空港の閉鎖などの影響は出ておりませんが、今後火山灰が降り積もることで空港に影響が出る可能性もあるので最新情報を注視してください。

『5月15日』
飛行機に対する警戒レベルが最大のレッドに引き上げられました。

スポンサードリンク

『5月10日』
噴火から1週間が経過した5月10日の時点でも噴火は収まらず、住宅の一部が倒壊、道路も溶岩で寸断されるなど被害が拡大しております。
地震も1時間の1回のペースで発生しており、影響が大きくなってきています。

『5月4日』
最初の噴火の翌日の5月4日にマグニチュード6.9の強い地震があり、その影響で約1万4千世帯で停電となっております。
さらにこの日に新しい場所に亀裂が生じ、その亀裂から有毒ガスも発生しています。

ハワイ諸島各地への影響は?

現在直接的に影響が出ているのは、ハワイ島の東部のレイラニ・エステーツとラニプナ・ガーデンズ・サブディビジョンというエリアのみです。

このエリアは避難勧告が出ており、レイラニ・エステーツについては有毒ガスが出ている可能性が高いため立ち入り禁止エリアとなっています。

ハワイ島を代表する観光スポットでもあるハワイ火山国立公園や溶岩が太平洋に流れるところを見学できるツアーなどは全て閉鎖となっている状況です。
キラウエア火口の飛行機ツアーなどにも影響が出ています。

日本人観光客が最も多く訪れるオアフ島のワイキキについては、今のところ噴火の影響は全くないようです。
飛行機などにも全く影響は出ておらず、全ての観光地が噴火前と全く変わらない状態です。

ハワイ島への旅行を計画されている方は、今後影響が出る可能性があるので最新情報を注視していく必要がありますが、オアフ島を含めてその他の島への旅行を計画している方は今のところ特に気にする必要は無いです。

各航空会社のフライト情報

火山が噴火すると心配になるのが飛行機のフライトキャンセルです。

日本国内では火山が噴火すると大体近くの空港へのフライトはキャンセルになってしまうので、今回の噴火でハワイ便もキャンセルになる可能性があるのかは多くの方が気になるところだと思います。

飛行機は噴煙と火山灰の影響をもろに受けるので、一般的には火山が噴火すると近郊の空港へのフライトはキャンセルになる可能性が高くなります。

 (出典:http://www.travel-zentech.jp/world/infomation/q003_map_hawaii.htm)

キラウエア火山は、ハワイ諸島の南東部にあるためフライトに影響の出る可能性があるのは、コナ(カウプレフ)空港とヒロ国際空港のみです。
現在コナ空港もヒロ国際空港もフライトがキャンセルになったり大幅に遅れが出たりという影響は出ていません。

ちなみにダニエル・K・イノウエ空港(旧名・ホノルル国際空港)はキラウエア火山からは350km離れいるので、噴煙が9100mまで上がっていたとしても影響が出る可能性はほぼゼロです。

最新のフライト情報は以下のサイトから確認できるのでチェックしてみてください。

ヒロ国際空港
コナ(カウプレフ)空港

ハワイ旅行はキャンセルするべきか?

皆さんが一番気になる「ハワイ旅行はキャンセルすべきか?」についてですが、「今のところキャンセルまではする必要はないが、ハワイ島に旅行を計画している方は最新情報を確認する必要がある」ということになります。

外務省の海外安全ホームページに注意喚起の最新情報が掲載されるのでこちらもチェックするようにしてください。

⇒ハワイ旅行に安く行く方法を大公開(格安ハワイ旅行Navi)
⇒ハワイ/ワイキキのホテル(コンドミニアム)を安く予約する方法

スポンサードリンク

記事が参考になったという方やさらにいろいろな角度からのハワイを知りたい方は以下をクリックしてみてください!

ハワイランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

ハワイ好きの方はこちらをクリック下さい!

ハワイランキング

プロフィール


40歳のハワイが大好きな普通のサラリーマンです。妻と小学生の息子の3人家族で今まで20回以上ハワイに行っています。 将来の夢はハワイに移住することです。 いつになるかわかりませんが現在夢に向かって奮闘中です。
⇒プロフィールの詳細はこちら

このページの先頭へ